Profile of 国際ロータリー第2530地区白河西ロータリークラブ

バナーの歴史

 歴史のまちしらかわの史跡名勝地、小峰城と南湖公園を合せて図案化したものです。
 白河城主、結城親朝が、興国元年(1340)小峰ケ岡に、城をかまえて小峰城と名づけたのがはじまりで、天正18年結城義親が、豊臣秀吉によって領地を没収されてからは、会津の蒲生、上杉両氏がかわるがわる領有し、寛永4年(1627)丹羽長重が、徳川幕府の命によって、棚倉から白河に移封され、10万石の城主となり、同6年より4年の歳月をついやして完成したが、慶応4年(1868)5月戊辰の役の攻防で落城して居ります。
 白河藩主松平定信が、老中職を退いた後、公が貧困者救済を兼ねて築造した、回遊式自然公園で、享和元年(1801)4月に完成した我国最初の公園であり、士農工商の身分制度が厳しい封建社会の中で、「四民共楽」の地として開放された。文化年間17景、16勝を選び、この詩歌を一石にまとめて刻んだものが鏡の山にあり、また勝地ごとにそれぞれの歌碑が建立されています。
 ・関の湖…影うつる山もみとりの波はれて、見渡しひろき関の水うみ
  (近衛左大臣基前)
 ・共楽亭…山水の高きひくきも隔てなく共に楽しきまとゐすらしも
  (松平越中守定信)
 ・鏡の山…湖のここも鏡の山なれや、心うつさぬ人しなければ
  (松平越中守定信)

(図案作成:2代目会長 渡辺福雄氏)

クラブ概要

ロータリー創立記念日
2月23日
クラブ創立記念日
昭和61年4月12日(1986年)
スポンサークラブ
白河ロータリークラブ
国際ロータリー加盟承認
昭和61年5月6日(1986年)
国際ロータリー加盟承認
昭和61年5月6日(1986年)
認証状伝達式
昭和61年11月8日(1986年)
事  務  局
福島県白河道場小路96-5白河商工会議所内
例  会  場
白河市新白河駅前 ホテルサンルート白河
例 会 日 時
毎週木曜日 第1・第3例会は、12時30分、以外の例会は、18時30分に開催する。
会  員  数
54名(平成24年10月1日現在)
会 員 内 容
最年長     81歳
最年少     38歳
平均年令 56.64歳
会 費 年 額
180,000円
クラブコード
253043
クラブIDNo
23677
最終更新日 : 2011-12-03

2012~2013年度組織図

LinkIcon組織図

年度別会員数一覧

LinkIcon一覧表

※Adobe Readerで読むことができますHP